Bao Minh工業団地の紹介 - Bảo Minh Industrial Park

Bao Minh工業団地の紹介

Bao Minh工業団地インフラ投資株式会社は、ベトナム繊維公団とベトナム政府とNam Dinh省自治体の支援で2007年に成立され、株主がベトナム繊維工業の有力な威信企業であり、Bao Minh工業団地のインフラ開発に成功しました。当社のBao Minh工業団地のインフラ建設プロジェクトは、社会に実践的な貢献をするための投資政策により、投資家やパートナーのための長期的な利益をもたらすために計画されて実施されています。

Bao Minh工業団地は、1900年代初頭からベトナムの最大繊維地域であり、紅河デルタ南部の経済的な中心地であるNam Dinh省Vu Ban県に位置しています。信頼できるインフラとプロな顧客サービスを通して顧客に世界レベルの営業環境を提供する清潔な現代工業団地になるために設計され、現在の面積が165haである。総土地面積の80%以上を所有し、完全な投資支援サービスを提供する11名の投資家が含まれます。この期間には、当社は、賃貸面積26 ha (260.000 sq.q.m)の3つの土地があります。 さらに、約50haに拡大しており、2017年末までに完成し、2018年の第3四半期にリースを開始する予定である。

当社は、Bao Minh工業団地では、投資して繁栄している世界有数の企業の強固なパートナーであることを誇りに思っています。例えば、3,800人の労働者を持つ住友グループのSumi WiringsおよびSunrise Smart Shirts(香港)、Luentai、YulunTextile(中国)、Padmac(ドイツ)、Junzhen(台湾)の6,000人以上の従業員を持つ世界中での有名な企業からの衣服システムである。

Bao Minh IP Panorama2